セントラル観光

新型コロナウイルスに対する当社の取り組みについて

ホーム > 新型コロナウイルスに対する当社の取り組みについて

新型コロナウイルス感染拡大防止のための対応について

日頃より、セントラル観光(株)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、弊社では下記のような対策を実施しております。

お客様には何卒ご理解、ご協力を賜りますようお願いいたします。

全従業員の取り組み

1全従業員のマスク着用

全従業員は常にマスクを着用しております。

2手洗い・うがい・アルコール消毒の励行

全従業員に対し、手洗い・うがいアルコール消毒を徹底をしております。

3健康管理の徹底

全従業員に対して出勤前の検温を実施し、発熱がある従業員は出勤を見合わせております。乗務員については出庫前点検時、検温のほか健康状態の確認を行い、異常が認められた場合は出勤・乗務停止し医療機関を受診するよう指示いたします。

バス車内の感染防止対策

4バス車内の消毒・清掃

適宜、バス車内の手を触れる場所(手すり・ひじ掛け等)をアルコール消毒液で拭き取り消毒をし、オゾン脱臭除菌機により消臭・除菌を実施しております。

5アルコール消毒液・非接触型体温計の車両への設置

お客様にご使用いただける様、消毒液・非接触型体温計を車内に設置しております。

6バス車内予防・換気の徹底

運転席と座席の間に飛沫防止シート装着
運行中エアコンの外気導入運転を行い、車内空気の入れ替えをし清潔な空気を保ちます。

※一部車両には、シャープ製プラズマクラスター搭載車もございます。

大型観光バス・天井A/Cタイプ
大型観光バス・床下A/Cタイプ

~ 外気導入運転により、約5分で車内の空気が入れ替わります ~

7お客様降車時の車内換気の徹底

お客様が見学・昼食等で下車している間、適宜バス車内の換気を行います。

8バス車内への「光触媒コーティング」による抗ウイルス・抗菌加工を実施

光触媒をバス車内全体(座席シート、アームレスト、天井、窓、乗降口ハンドレール、運転席など)に噴霧してコーティング施工。施工済み車両には下記のステッカーが貼り付けられています。

「抗ウイルス抗菌空間 エアリフレッシュ施工済」ステッカーのイメージ
光触媒(ひかりしょくばい)とは?

太陽や蛍光灯などの光が当たると、その表面で強力な酸化力が生まれ、接触してくる有機化合物やウイルス・細菌などの有害物質を除去することができる環境浄化材料です。

これにより、バス車内が、24時間続く「抗ウイルス抗菌空間」になり、「抗ウイルス・抗菌」「消臭」「防カビ・防汚」が持続します。

抗ウイルス抗菌空間 エアリフレッシュのパンフレットイメージ 抗ウイルス抗菌空間 エアリフレッシュ実施証明書

SARS-CoV-2の不活化に成功 | 株式会社キャンディル (recona.jp)

施工会社:株式会社バーンリペア(株式会社キャンディル グループ)

お客様へのお願い

ご利用のお客様におかれましても、以下の感染予防対策にご協力賜りますようお願い申し上げます。
発熱のある方や、咳、だるさ(倦怠感)などの症状がある方はご利用をお控えいただきますようお願いします。

  • ご利用の際は、マスクの着用をお願いします。
  • 車内での会話は控えめにお願いします。
  • 咳をする時はハンカチなどで口・鼻を覆うように咳エチケットにご協力ください。
  • こまめな手洗い・うがう・消毒(車内に設置している消毒液の活用等)をお願いします。
  • 車内での飲食、カラオケの禁止をお願いします。
  • ゴミのお持ち帰りにご協力ください。

公益社団法人 日本バス協会ホームページより


当社では、引き続きお客様や従業員の安全を最優先に感染拡大防止に努め、政府の方針・行動計画およ びバスにおける新型コロナウイルス予防対策は㈳日本バス協会のガイドラインに基づき、対応してまいります。

ライン
【↑】このページの先頭部分まで戻ります。